03-5935-0550

〒178-0063東京都練馬区東大泉4-26-4
塩野第2ビル2F

地図を印刷

東京都練馬区の長谷川クリニック。泌尿器科 内科 尿路感染 尿路結石 尿路腫瘍 ED治療 おねしょ相談

泌尿器科

診療時間
午前 9:00~12:30
午後 15:00~18:30
【休診日】
木曜・土曜午後・日曜・祝日
 

MOBILE SITE

QRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

ホーム»  泌尿器科

専門とする疾患・症状

泌尿器科の病気の多くは尿路感染、尿路結石、尿路腫瘍に分かれます。症状で多いのは、血尿、排尿に関する諸症状、背部痛などです。いずれの病気も尿に何らかの異常を認める事が多いので、泌尿器科では尿検査が内科における聴診と同じように大事なものです。

尿路感染

尿が混濁し、ひどくなると血尿になります。感染部位により症状が異なります。通常、抗生物質で軽快します。当院では尿を顕微鏡にて供覧し、感染の有無を確認後、抗生剤を処方いたします。

膀胱炎

女性に多く、尿の混濁とともに尿の回数が頻繁になり、排尿時痛や残尿感が生じます。抗生物質で良くなりますが、癖になりやすいのできちんと治し、日常生活にも注意が必要です。再発を繰り返す場合は専門医による検査をお勧めします。

腎盂腎炎

膀胱炎がひどくなると、腎臓まで細菌が到達し、膀胱炎症状とともに背中の痛みと高熱が生じます。抗生物質の点滴治療が必要になります。

尿道炎

男性では排尿時痛とともに尿道口より膿が出ることがあります。淋病やクラミジアに代表され、その多くは性行為(oral sex含む)が原因です。一般の抗生物質が無効な症例も出現しつつありますので、しっかりと検査し治療することが大切です。女性では腟炎となりますので、婦人科を受診してください。

前立腺炎

前立腺は男性だけの臓器です。急性の前立腺炎は排尿困難、排尿時痛、高熱が出ます。時に抗生物質の点滴が必要です。慢性の前立腺炎は、会陰部の不快感などはっきりしない症状を呈します。我々専門医でも対処に苦慮することが多く、色々な薬を使い分けますが、症状が長く続くことがあります。

尿路結石

血尿や背部痛 が生じます。薬物療法では残念ながら殆どの結石は溶かすことは出来ず、痛み止めとともに排石を促すような内服治療が中心です。 当院では造影レントゲン検査、超音波を用いた結石の診断、痛みの治療を行います。衝撃波による結石破砕(ESWL)など外科的治療が必要な方は、適切な施設にご紹介いたします。

腎結石

血尿以外あまり症状はなく、多くは経過観察になります。

尿管結石

尿管に結石が詰まれば、血尿とともに強烈な背部痛が出現します。薬物療法で経過を見ますが、自然排石が困難な場合は体外衝撃波結石破砕術(ESWL)など外科的治療が行われます(適切な施設にご紹介します)。

膀胱結石

膀胱で結石が大きくなると、血尿や頻尿、排尿障害が生じます。小さい結石であれば、外来で膀胱鏡による摘出が可能です。

尿路腫瘍

泌尿器科の腫瘍は多岐にわたりますが、初期の頃は殆ど自覚症状がありません。
そのため健診で血尿の有無を調べたり、超音波検査などを受けておくと安心です。
当院では血尿の有無を検鏡し、泌尿器科領域の癌の早期発見の為に必要な検査(腫瘍マーカー採血、尿細胞診、超音波検査、造影剤を使った尿路レントゲン検査、軟性電子スコープを使った膀胱鏡)を随時行い、速やかな対応を心がけています。さらに術後の経過観察や点滴など外来での治療が可能な場合は、極力対応いたします。

腎腫瘍

比較的希な疾患です。超音波検査などで偶然に見つかり、多くは悪性です。基本的に手術が必要です。

膀胱腫瘍

血尿をきっかけに膀胱鏡検査で見つかることが多いです。手術が必要ですが、多くは内視鏡手術で治せます。

前立腺癌

初期の症状は前立腺肥大と殆ど違いがありません。特異的で感度の高い腫瘍マーカー(PSA)がありますので、採血により早期発見が出来るようになりました。 確定診断には前立腺針生検が必要です。病期進行度により治療が異なります 。

その他

前立腺肥大

60歳以上の方に多い男性の病気で、排尿回数の増加や尿が出にくくなります。排尿状態の検査、前立腺の触診、超音波等にて検査します。最近はよいお薬がありますので、手術が必要なケースは少なくなりました。

過活動膀胱・尿失禁

尿意切迫感や尿が漏れる病気です。原因は色々あり、専門的な検査が必要です。特に女性に多い腹圧性尿失禁は、軽いものなら薬や体操で比較的簡単に治りますので、ご相談ください。

ED(勃起機能不全)

原因は様々です。必ずしも機能回復するわけではありませんが、心疾患等の合併症がなければバイアグラ、シアリスなどをお試しいただいても良いと思います。(自費診療になります 初再診料+薬代)。

包茎

小児の包茎は当たり前ですので心配ないですが、勢いよくオシッコが出なかったり、亀頭包皮炎を繰り返すようなら、包皮を剥く治療が必要です。大人の包茎も病的意義は少ないですが、SEXが困難であったり、不潔になりやすい場合は手術をお勧めします。

おねしょ(遺尿症、夜尿症)

就学まではおねしょがあってもまず心配ないです。排尿日誌をつけ、夕方以降の水分は控えめにしましょう。場合により抗コリン剤などの内服、抗利尿ホルモンの治療などを行います。

ページトップ